誕生日

こんばんわ。

リーフ施工管理グループの龍野です。

福山代表の発案で数年前からはじまったリーフの仲間同士、またいつもお世話になっている業者様に日頃の感謝の意味をこめてささやかなプレゼントをお渡しするという習慣はきちんと今もなお続いております。

いつもセンスのいいプレゼントを選んでくれて皆を喜ばせている当社の川原さんには大変感謝です。

プレゼントを渡してみなさんの笑顔の写真を撮りためてはいたものの、携帯に入ったままになっていたのでまとめてではありますが、アップさせてもらいたいと思います。

 

IMG_1082

藤井くんはいつものことながら多少顔がゆるむ程度です。笑

 

S__62513155

カズはこのサングラスはちゃんと使ってくれているのでしょうか?笑

 

 

IMG_1576

柏木さんは個人での撮影はNGとのことでしたので女性メンバーのみなさんで撮らせてもらいました。

 

IMG_2532

帽子のプレゼントを壇本さんには大変よろこんでもらえました。

 

IMG_5944

川原さんは祝われるより祝うほうが好きそうです。笑

 

 

IMG_8263

おしゃれなインテリアをもらってご満悦の小林さん

 

IMG_6033

満面の笑みを見せてくれた藤木さん

 

IMG_6835

さらに最高の笑みを見せてくれる福山代表

 

今後も、リーフと取引先様や協力業者様が幸せな誕生日を祝えることができるように日々がんばっていきたいですね。

 

PS  もうすぐ姪っ子が2歳になるので、おじさんプレゼントを物色中です。なにかいいプレゼントあったら教えてください。笑

 

IMG_9078

鴨脚

こんばんわ。リーフ施工管理グループの龍野です。

いきなりですが、

 

「鴨脚」

この漢字、なんよ読むかわかりますか??

 

 

「かもあし」

 

ではありません。

 

「いちょう」と読みます。

 

 

 

鴨の脚が

蹼足_カモ目

 

が、イチョウの葉に

_ds70354

 

そっくりであることから「イチョウ」と呼ばれるようになったそうです。

 

前フリが長くなりましたが、

o0639096013291519259

 

この人が鴨脚さんです。

 

僕と道場は違えど、格闘技で知り合った仲間なのですが、左手に障害をかかえながらも41歳にして現役で格闘技プロをしているすごい人なのです。

o0800053313291519198

そんな鴨脚さん、本業ではネット販売等のビジネスを行っている個人事業主さんなのですが、リーフが今後行っていこうとしていることに関係しているということで、アドバイスをもらうために本日リーフの事務所に訪問していただきました。

 

S__61480962

リングに立てばかっこいい格闘家の鴨脚さんなのですが、昼間はこれまた出来る男ってかんじですごく参考になる話をたくさんしていただきました。

鴨脚さんは10月11日にプロの試合を控えているのですが、対戦相手がなんと、僕が一年前に負けた相手なのです。

S__61497346

ぜひ、僕の仇をとってもらいたいですね笑

 

鴨脚さん、試合前の忙しい時期にありがとうございました。今後とも格闘技に仕事によろしくお願い致します。

 

 

P.S  またリーフ関係で格闘技色が濃くなってきた気が。。。笑

 

珍客訪問

こんばんわ。リーフ施工管理グループの龍野です。

ごぶさたしてました。笑 ひさしぶりの投稿になります。

今回はめずらしくラーメン屋さんの話ではないです。笑

先週の水曜日から日曜日まで僕の実家に珍客がホームステイしていました。

IMG_8675

日本人影絵アーティストの紅子さんとイタリア人アコーディオン演奏者のドナテロさんです。

IMG_8875

なぜこんな僕とはなんの関わりもなさそうな人が実家にホームステイしてたかと言いますと、、、

話せば長くなるのですが、

影絵アーティストとしてポルトガルで長いこと生活している紅子さん、、、

今から10年前にポルトガルで知り合い、衝撃的なキャラクターにノックアウトされましてそれ以来彼女とはずっと仲良くさせてもらっているのですが、この度、影絵の日本公演ということで大阪にもくることになり、アコーディオン演奏家のドナテロさんと一緒に僕の実家にホームステイされていたのです。

-9072448330059898839_700x390 10556368_10153126216473252_1161622683777281181_n 2_2

芸術の世界のことはまったくわかりませんが、舞台は大成功だったようです。

 

IMG_8808 IMG_8828

大阪滞在の最終日にはミナミのカフェバーでドナテロさんがアコーディオンの演奏をするということで観にいってきました。

さすが本場のイタリア人ってかんじで、観客を魅了していました。

でもこのドナテロさんはイタリア人なのに、小麦アレルギーでうちの実家では白ごはんと納豆ばかりたべていたそうです。笑

とにかく二人ともうちの両親とも仲良くしてくれて、楽しい大阪滞在になったようでなによりです。

人との出会いはほんとに宝ですねー。

12004977_10153625946218252_365555355540979158_n

 

最後に、10年前に僕と紅子ちゃんが出会った町の素敵な風景を紹介します。

10414899_10153116630973252_5930795722474440683_n

通称お星さまストリート。

この時代の石畳み職人に弟子入りしたいものです。

では★★★★

 

 

施工事例

file#11

 

ワイルド&スマート 時々ラグジュアリー のお庭

IMG_2306 - コピー

集合住宅エントランス提案のご依頼を頂き、

工事をさせて頂きました。

 

工事内容は、駐車場等含んでいましたが、

施主様は

「かっこいいエントランスにしたい」

という思いを強く持っておられました。

 

「かっこいいプランなら!」

と福山がペンを走らせました。

 

IMG_2307 - コピー

2枚の塀が重なり、

さらにアルミゲートが交差する、

男心をくすぐるワイルドなエントランスです。

 

そんなワイルドな中にも、

スマートさが感じられるのは、

2枚の塀の中に貼ったモザイクタイルと

アルミゲートの繊細なラインを浮かびあがらせているためです。

 

 

IMG_2314 - コピー

さらに、男心をくすぐるアイテムといえば

「照明」です。

 

2枚の塀の下にはアッパーライトを設置し、

アルミゲートの梁部分には

ダウンライトを組み込んでいます。

 

夜には、高級ホテルを思わせるような

ラグジュアリーな空間が現れます。

 

 

IMG_2310 - コピー

駐車スペースとバイク置場。

できるだけ多くの駐車台数を確保できるよう計画しました。

 

IMG_2311 - コピー

1階のバルコニー部分には植栽帯も設けています。

 

木々や草花が育ってくると

マンションの住人の方や道を通る人々を癒してくれるだけでなく、

1階部分のの目隠しの役割も果たしてくれることでしょう。

 

 

 

 

 

 

施工事例

file#10

 

「スクエア」のお庭

左から - コピー

建物に合わせて

外構も正方形を組み合わせたデザインにしました。

 

門柱 - コピー

 

ベージュ系の淡路砂利を使った洗い出しは

優しい雰囲気を醸し出しています。

 

そして30cm角の石は高級さを表現。

 

優しさの中にも高級感を感じられる外構となっています。

 

右から - コピー

 

30cm角の石を使った小さな四角形と

それを5列ずつ並べて出来た150cm角の大きな四角形。

 

一見規則的に見えるデザインですが

ナチュラル色の中に白を織り交ぜることで

変化をつけることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施工事例

file#9

 

ジャパニーズモダンのお庭

before - コピー2

before

 

 

IMG_3245 - コピー

after

 

改修工事のため、

既存のものの位置や高さを踏まえながら、

ゆったりとした玄関までのアプローチをとれるような形を

ご提案しました。

 

 

IMG_3252 - コピー

門柱は

インターホン・表札・ポストを一列に並べることで

より黒のラインが際立ち、

すっきりと見せることができました。

 

ただ単にすっきりまとめるだけでなく、

ポスト左に配置したいぶし色の空洞レンガによって

左右の塀の「和」のイメージが整えられています。

 

IMG_3251 - コピー

 

 

高級感を感じさせながらも

どこかほっとするような外構に仕上がりました。

 

 

 

 

 

 

アートめぐり

こんにちは!!

設計の藤木です^^

 

小林の植物シリーズを真似して

わたしはアートめぐりで攻めてみようかと思います!!

(興味ない方すみません。笑)

 

以前川原から

「テキスタイルとか何かの模様からイメージが湧く」

という話を聞いてから

1ヶ月に1回は美術館などを巡ってアートに触れるようにしています。

 

8月は中之島の堂島リバーフォーラムで開催されていた

堂島ビエンナーレに行ってきました!!

 

5

 

まずひとつめの作品がこちら。

池田亮司さんの作品です。

 

ドアを開けると真っ暗な空間があって

その空間の床になにやら映像が映し出されているのです。

 

そしてよく見ると人影?映像?

おそるおそる近づいてみます・・・

 

4

 

どうやら映像が映し出されている部分に乗って、

自由に歩いたり座ったり寝転んだりしていいみたいです。

 

自分自身もアート作品の一部になるというわけですね!!

 

1

2階からも見ることができます。

 

映像が次々と変わりいろんな模様が映し出されて

どの角度から見てもまた違った見えかたをする

面白い作品でした。

 

 

好きな作品をもうひとつ。

3

こちら、よく目にするマクドナルドの紙袋。

 

2

 

紙袋の一部を切って

木に見立てています。

 

照屋勇賢さんの「告知―森」という作品です。

 

普段何気なく使っているものから

こういったデザイナーさんたちはヒントを得ていて

わたしも日頃からもっとアンテナを張らないといけないな~と

改めて思いました。

 

6

そんなことを思いながら

会場をあとにして歩いていると

あまりにも天気がよく、

川の水面がきらきら光っているのもとてもきれいで

こういう水面からも何か作品がうまれるのかもしれないな…

と思いました。

(実際わたしは何もうかんでいませんが。笑)

 

 

つづく(?)