最近のお花 夏ですね!!!

設計グループの小林です。

夏!!!ってお天気ですね~(^O^)

小林は、ものすごい汗かきなんですけど、でも夏は大好き!

暑くって大変なんですけどね。。。

会社に着いた直後とか、もう本当に。。。

しばらくは何もできず、ウチワのお世話になっております(笑)。

 

このお天気のなか、現場でお仕事をしてくださっている職方さんには

本当に頭が下がります。 いつもありがとうございます!!

 

ところで、『 夏の花 』、といえば皆様は最初に何が浮かびますか?

 

小林は こちら、 『向日葵( ヒマワリ) 』☆ 

向日葵1 向日葵2

ヒマワリが、一つの花では無くたくさんの花が集まって咲いているのは知っていたのですが。

真ん中あたりの花びらのないところも 『 花  』 であるとのこと。

言われてみれば そう、なのかな、、、?

真ん中部分は将来的に種になる、というイメージしかなかったんですけどね。

種が出来るなら、花が咲いているハズなわけで。。。(^_^;)

言われてみれば「そう」でした(笑)。

因みに、和名に 『 葵(アオイ)』 がついていますが、葵の仲間ではありません。

 

数少ない『 夏の花木 』 のうちの一つ、 『 百日紅(サルスベリ)』 百日紅1 百日紅2

色は白からピンクまで。

一言でピンクといっても、いろんなピンクがありますよね。

サルスベリは多彩なバリエーションを持つピンクの天才。

濃いものから薄いもの、、、は当たり前として、「色味」が豊富です。

もちろん、いわゆる「ピンク!」なピンクもありますし、

紫系からオレンジ系まで、これはもうピンクじゃない。。。というところまでいくギリギリ手前のピンクたち。

(わかりますかね?こんな説明 (・.・;)で。。。)

小林は、少しだけ紫がかった(出たよ紫ズキ(ー_ー))薄めのピンクが好みです!(^^)!

夏中咲いていますので、良かったら「いろんなピンク」を探してみてくださいね♪

 

今日のラストは、やはり夏の代表的な花木の一つ、 『 槿(ムクゲ) 』槿1 槿2 槿3

こちらは 『 アオイ科フヨウ属 』 (ほんもののアオイです笑)

フヨウと似てると思ったー!というそこのアナタ(誰でしょうね一体)!

似てるワケですよ。 同じフヨウ属なんですから。

フヨウとムクゲの区別がつかなかった頃、どこで区別をするのかと人に尋ねたことがあります。

その答えとは。

「ムクゲはちゃんと『木』で、フヨウはなんか違う」 

。。。

えっとですね、見たらわかることなんですが、ムクゲはシッカリ幹を天に向けて伸ばして立っておりまして。

その立ち姿はまさしく 『 樹 』 。

対してフヨウは、幹とか枝とかあんまり見えなくて、とにかくわっさーと茂っているのですよ。

要するに 『 灌木 』 ですかね?

 

あと、花や葉の大きさやらなんやら違いはいくつもあるのですが、

「ムクゲはちゃんと『木』で、フヨウはなんか違う」 の説明のおかげでバッチリ区別がつくようになりました(笑)。

 

ところで、 『 夏 !!!』 ってイメージな花のひとつに 『ハイビスカス』 があると思いますが、

フヨウ属の学名表記は Hibiscus』 

そう、ハイビスカスです☆

ね、やっぱりお花が似ているでしょう?

(無理やり同意を求めてますか。。。?)

 

あ、でも、フヨウ属の植物のことを 「 ハイビスカスの仲間 」 とは呼びませんね~。

園芸的な分類や呼び名と、学名の区分とはまた別なようでして。。。

植物の名前って、ややこしいです。。。(-_-;)

 

話がややこしくなってきたところで、本日は失礼させていただきます(笑)

 

猛暑のおり、皆様くれぐれもお体ご自愛くださいませ<m(__)m>

植物のチカラ☆ ~復活編~

設計グループの小林です。

台風11号、予想以上の雨&暴風でした。

箕面市内は避難準備地域が相次ぎ、一部避難勧告まで発令されましたが、

皆様はご無事でお過ごしでしたでしょうか。。。

ずぶ濡れになった以外は、無事に過ごすことができ、ホッとしている小林です。

台風一過の今日は、屋内に避難させていた鉢植えを戻したり、ついでに茂りすぎた葉をちょこちょこ切ってみたり。

久しぶりに ( というほどではないものの、やはり台風の最中はちょっとね(^_^;)) ゆっくりガーデニングタイム♪

 

そしてそして!

咲いてくれていました、 『 デュランタ宝塚 』!!!デュランタ宝塚

 

実はこのデュランタ、花壇に植え付けたのがちょうど1年ほど前のこと。

花芽のついた株を植えましたので、すぐにも楽しめて、

とてもにぎやかに花壇を飾ってくれていたのですが。

冬の寒さが厳しく、年内には葉が全て落ちてしまっておりました。

一般的には常緑とされていますが、寒さには若干弱いデュランタ。

ちょっと無理をさせたかな~と思いつつ、

春に目を出してくれるのを期待して、枝を切り詰めて冬を過ごしました。

冬のデュランタハボタンの後ろの枯れ枝みたいなのがデュランタ。

 

春になって、芽をだしてくれたときは本当に嬉しくって !(^^)!

そして今日、最初の花が咲きました。

昨年の様子と合わせてご覧ください(^O^)!

花壇2014 花壇2015

 

株もずいぶん大きくなって。。。(しみじみ)

ちょっと大きすぎますが(^_^;)

ひとわたりお花を楽しんだあと、切り戻しをして秋を待とうと思います♪

(しっかし、激しく植え替えし続けてきたなぁ。。。1年前のもので残っているのは、デュランタとアサギリソウのみですね。。。)

(そして「花壇」というほどお花がないな~。。。次回の植え替えではちゃんとお花を植えることとします。。。)

 

ところで、台風前の真夏日のころ、うっかり水を切らしてしまい、

痛めてしまった花たちがいるのです(>_<)

寄せ植えに使っていたヒペリカム・トリカラーとバーベナなのですが、

もう、チリッチリになってしまっていて、完全に「枯れた」感じ(・.・;)

あわてて根元付近まで切り戻し、極力日照時間の短い場所へ移動させて養生しておりましたら。

しっかり新芽が出てきてくれました(#^.^#)

ヒペリカムトリカラー バーベナ

 

急な環境の悪化(暑さとか)や植え替え直後は、地上部分が枯れてしまうようなことがあります。

(割とよくあります。小林はうっかりものでして。)

そういう時には、枯れた部分を潔く切り取ってしまい養生していると、

復活してくれることがあります。

(これも割とよくあります。手遅れでさえなければですが。)

 

これからあっつ~~~い日々が長く続きます。

「枯らしちゃった(・.・;)?!」

というようなことがおこりましたら、是非お試しになってみてくださいね♪

 

暑さと台風のシーズン、人も植物も元気に乗り切っていきましょう!

ボタニカル号、発進☆

設計グループの小林です。

7月のわりに気温低いなぁ~。。。(ー_ー)

とか思っていたのがウソのようです、ここ3日ほど(・.・;)

今日は本当に暑くて参りました。。。

 

こんな暑い日でも、お部屋の中にグリーンがあると、

涼やかでステキですよね(ちょっと無理やり☆)♪

このひとつ前のブログでご紹介しております通り、

リーフでは 『 ボタニカル スタイル 』 より素敵な仕立物の観葉植物を

リース・販売しております(^O^)

 

仕入れに、メンテナンス訪問に、納品に、、、。

大活躍のこちら、 『 ボタニカル号 』(小林が勝手にそう呼んでおります笑)。

ボタニカル号

この幌(ホロ)を見たらリーフです!ロゴ

おうちの外回りからインドアグリーンまで。

皆様の毎日の幅広いシーンで、素敵な生活のお手伝いをさせていただいております。

お気軽にお問合せくださいませ♪♪♪

最近のお花 蕾(つぼみ)編②

設計グループの小林です。

エアコン。。。つけたら寒い。

けど、あっつい。。。

というわけで除湿よね、って季節まっさかり。

引き続きまして、蕾編②をお送りいたします☆

 

では前回収めきれなかった、 『 クチナシ 』 から♪

まだまだパッと見、気が付かないくらいの蕾から、立派に咲いている様子まで続けてどうぞ(*^_^*)

クチナシ5 クチナシ4 クチナシ3 クチナシ2クチナシ1

ねじれて閉じている蕾が、だんだん開いていく様子、いかがでしょうか?

個人的には3番目の写真がお気に入り☆

実は、一重のクチナシも、なかなか面白い咲き方をするのです。

出来ればご紹介したかったのですが。

例によって写真がありません(恒例になってきましたね(^_^;))。

ご興味おありの方はネット等でお調べくださいませ<m(__)m>。

 

続いては 『 オステオスペルマム 』

3月に寄せ植え用に購入以来、細々とではありながらも咲き続けてくれています。

花は可愛いけど、蕾は可愛くない。。。 その蕾からどうぞ(笑)。 オステオスペルマム5

先っぽはとんがって、色もなんだか。。。 咲きかけはこんな感じです。オステオスペルマム3

 

が、開くとこうだ!

オステオスペルマム2

先がとんがったまま開いたものもあるのですが、いつの間にやらまぁるく可愛く♪

因みに、最後の咲いている写真の中にも、可愛くない蕾が写っているのわかりますか?

私はあんまり好きでないです(ー_ー) 目立たないから良いですが(笑)

 

ちょっと覚えにくそうな名前が続きますね、 『 スカビオサ 』 です。

和名は 『 マツムシソウ 』

こちらも蕾からまいりましょう。スカビオサ1小さい蕾が寄り集まっていますよね。

開くとこうなります。スカビオサ2

内側と外側と、それぞれカタチの違う花が集合して、まるで一つの花のように咲いている様子がおわかりでしょうか(^O^)。

弊社花壇で元気に咲いております♪スカビオサ3

 

続いて、知らない、という方にはやっぱり覚えにくい? 『 イソトマ 』 です。

とっても人気がありまして、前から大好きだったのですが。

今年初めて購入しました☆ これはお花から!(^^)!イソトマ3

星形に開く花が印象的ですよね。

これまであんまり観察したことがなかったので今回じっくりと(笑)。

茎からパッと星形に開いて咲いているイメージがあったのですが。

蕾をよく見ると、破線の先の部分が花として開くのだと良くわかります。イソトマ1

 

ちょうど今朝、開きかけの瞬間に出会えました!(^^)!イソトマ2

 

それでは本日のトリです。

なんと、まさかの  『 ワイヤープランツ 』 (笑)!!!

花咲くんや(・.・;) という小林の驚きをお伝えしたくて

満を持しての登場です(笑)!(最後の写真が蕾です)

ワイヤープランツ3 ワイヤープランツ2 ワイヤープランツ1

 

花としては楽しまないものでも、よく見ると地味~に咲いていたりします。

そういうことは良くあるので、発見するたびに地味~に楽しんでいた小林ではありますが。

ワイヤープランツはちょっと驚きました。

実が成るのを楽しみに待ちます☆

 

なんてことを書き続けていると、終りがやってこないので(笑)

蕾編はこれにて終了とさせていただきます。

それではまた(*^_^*)。

 

ところで、ブログを書いていると、自分の好みの偏りが良くわかって、

なんだか恥ずかしいですね。

紫系。。。多いなぁ~。。。