メカジキの八宝菜

関東に引越してくる前は高槻に住んでいたのですが
(4か月ほどですぐ引越しでしたが。笑)

当時は仕事帰りにエキスポシティ寄って
足りない食器買ったりしていたな~~

と懐かしい今日この頃。

今の家の近くにもそれなりにお店は揃っていて便利なのですが
エキスポスティのように
ぎゅっ!と1か所に固まっていないのと
藤木の大好きな雑貨・家具屋さんの ACTUS は近くにないので
なかなかつらいところであります。笑

*

そしてAI、すごいですね!!

藤木は今関東で在宅勤務をさせて頂いているため、
なかなか現調には行けず
川原さん・木村さんに行ってきてもらっているのですが

「写真撮影だけで距離計測」
できちゃったらお2人の負担も軽くなるんじゃないかと。。。

新しいことを考えつく頭のやわらかさが欲しいですm(__)m笑

*

そして本日の本題!!

ついに魚克服?!

ということで
知っている人もいるかもしれませんが
藤木は大の魚嫌い。

見た目が無理なんです、キモいんですm(__)m

だから、生きてる感じが想像しにくい魚は食べれます。笑

じゃことかいっぱいいるやつも無理ですm(__)m
水族館は絶対入れませんm(__)m

 

結婚するとき

「魚料理は一生せぇへんから!
食べたくなったら実家で作ってもらうか定食屋さん行って」

とまで言っていた藤木。

早くも折れました!笑

 

スーパーで試食販売を行っており、
良い匂いにつられてもらったら
まさかの

「メカジキの八宝菜」

もらっておいて返すわけにもいかず食べてみたところ。。

八宝菜の味の濃さで全然魚くさくなく、
おいしかった!!!

しかも試食販売をしているすぐ横には
メカジキの切り身が。

でも、皮もついてないし、
身もうすいピンク色で魚っぽくない!!!

これはいけそうだ!!!

一応、魚臭さが残ると嫌なので
翌日ゴミ出しの日を選んで調理。笑

 

鶏肉とかのいかにも身を切ってる感じも結構嫌なんですが、
鶏肉よりも断然やわらかい!

前日の鍋の具材の残りで簡単にできました~~!

箕面 外構 ごはん

 

①メカジキを一口大に切る。

②フライパンに油をひいて炒め、火が通ったら皿に取り出す。

③フライパンの油を足して豚肉・野菜を炒める。

④水、鶏がらスープの素、しょうゆ、砂糖、オイスターソースで味付けして、最後に水溶き片栗粉でとろみをつける。

⑤ごま油を垂らして出来上がり!

箕面 外構 ごはん

画像のレシピはCOOKDO使用となっていますね。
COOKDO使うとより簡単!

 

毎日の献立が大変ですが、
ひとつメニューにいかがでしょうか!

藤木のような魚嫌いのお子様をお持ちの方も、
メカジキなら結構いけるかもしれません!